Go Top
【被写体モデル・カメラマン募集中】
【未課金インフルエンサーも送信可能に】
【おすすめマッチング実績】
【無料で応募できる】おすすめ来店体験型スポンサー
【メッセージ管理画面を上手に使いこなす方法】
トップ 自社の商品・サービスを宣伝したい事業主とインフルエンサーのマッチングサービス 投稿 メッセージ機能を上手に使いこなすには? 昨年の9月にメッセージ機能を刷新しました。本日は、新しく追加されたメッセージ管理画面を上手に使いこなす方法をご案内します。メッセージ管理画面は主に4つの機能があります。①一斉送信拒否②非表示③分類④メモ機能メッセージ管理画面の開き方とそれぞれのメッセージ機能につきましては新しいメッセージ機能の説明をご参考ください。本日は②、③、④の機能を上手に使いこなしてメッセージ、案件管理のコツをお伝えします。●非表示のON/OFFでメッセージリストを整理しましょう。非表示をONにすると相手はリストから消えます。逆に、OFFにするとリストに表示されます。相手を非表示(非表示をON)にするシーンは、たとえば、1.相手にメッセージを送ろうとしたが、やはりやめる場合2.相手にメッセージを送り、相手からの返信を待つ場合3.相手からメッセージが届き、返信が済んだ場合非表示にしても相手から返信が送られてきた場合は、再び表示されます。ただし、非表示した相手からメッセージが既読にすると、再び消えますので、「やはり表示させる」場合は、こちらをOFFにしましょう。万が一、間違って相手を非表示にした場合、相手を検索して、プロフィールの「メッセージを送る」をクリックすると、再び表示されます。●重要なやり取りは分類を「メイン」に切り替えます。何も設定しなければ、メッセージは「一般」に分類されますので、重要なメッセージを「メイン」に入れます。たとえば、1.進行中の案件2.気になる案件特に進行中または応募した案件を「メイン」に入れると、ほかの会員から新規で受信したメッセージに埋もれてしまうことを防げます。 (せっかく返事が来たのに、ほかのメッセージに埋もれてしまい見落としてしまうと、案件が成立しなくなります。)または、「あとで返信するメッセージ」を一旦「メイン」に入れて、返信が済みましたら、「一般」に移動させたり、非表示にしたりすると、管理しやすくなります。●「メモ機能」で内容管理をしましょうたとえば、1.案件の進捗=>応募したか、採用したか、商品を発送したか、商品を受け取ったか、など案件の状況2.相手の情報=>どのような商品、どのような応募要件、フォロワー数、SNSアカウントの属性など、相手に関する情報3.自分が次にしなければならないこと(タスク)と締め切り=>いつまでに、情報を送るか、商品を送るか、投稿しなければならないか、など今現在、スポンサーの数は来店体験型スポンサーを含むと3,000社以上であり、インフルエンサーも9,300名以上です。エージェントも80社にのぼり、1社につき複数の案件を投稿している状態です。人気スポンサー/インフルエンサー/エージェントですと、数百件単位、場合によっては千件以上のメッセージ(案件)を管理しなければならないので、今回お伝えした新しいメッセージ機能の説明で多少でも案件管理しやすくなればと思います。
コラム
氏名
運営事務局

&BUZZの公式サポートアカウントです。
お知らせも役に立つコラムや機能説明もこのアカウントより発信します。

【ゴールデンウィーク休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。
2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)
ゴールデンウィーク期間中に頂いたお問い合わせは2021年5月6日以降、順次に対応いたします。

TEL認証済
本人確認済
SNS確認済

タイトル

メッセージ機能を上手に使いこなすには?

内容

昨年の9月にメッセージ機能を刷新しました。本日は、新しく追加されたメッセージ管理画面を上手に使いこなす方法をご案内します。

メッセージ管理画面は主に4つの機能があります。
①一斉送信拒否
②非表示
③分類
④メモ機能
メッセージ管理画面の開き方とそれぞれのメッセージ機能につきましては
新しいメッセージ機能の説明
をご参考ください。

本日は②、③、④の機能を上手に使いこなしてメッセージ、案件管理のコツをお伝えします。

非表示のON/OFFでメッセージリストを整理しましょう。
非表示をONにすると相手はリストから消えます。逆に、OFFにするとリストに表示されます。

相手を非表示(非表示をON)にするシーンは、たとえば、
1.相手にメッセージを送ろうとしたが、やはりやめる場合

2.相手にメッセージを送り、相手からの返信を待つ場合

3.相手からメッセージが届き、返信が済んだ場合

非表示にしても相手から返信が送られてきた場合は、再び表示されます。
ただし、非表示した相手からメッセージが既読にすると、再び消えますので、「やはり表示させる」場合は、こちらをOFFにしましょう。
万が一、間違って相手を非表示にした場合、相手を検索して、プロフィールの「メッセージを送る」をクリックすると、再び表示されます。


●重要なやり取りは分類を「メイン」に切り替えます。
何も設定しなければ、メッセージは「一般」に分類されますので、重要なメッセージを「メイン」に入れます。

たとえば、
1.進行中の案件
2.気になる案件

特に進行中または応募した案件を「メイン」に入れると、ほかの会員から新規で受信したメッセージに埋もれてしまうことを防げます。
(せっかく返事が来たのに、ほかのメッセージに埋もれてしまい見落としてしまうと、案件が成立しなくなります。)


または、「あとで返信するメッセージ」を一旦「メイン」に入れて、返信が済みましたら、「一般」に移動させたり、非表示にしたりすると、管理しやすくなります。


「メモ機能」で内容管理をしましょう
たとえば、
1.案件の進捗
=>応募したか、採用したか、商品を発送したか、商品を受け取ったか、など案件の状況

2.相手の情報
=>どのような商品、どのような応募要件、フォロワー数、SNSアカウントの属性など、相手に関する情報

3.自分が次にしなければならないこと(タスク)と締め切り
=>いつまでに、情報を送るか、商品を送るか、投稿しなければならないか、など


今現在、スポンサーの数は来店体験型スポンサーを含むと3,000社以上であり、インフルエンサーも9,300名以上です。
エージェントも80社にのぼり、1社につき複数の案件を投稿している状態です。
人気スポンサー/インフルエンサー/エージェントですと、数百件単位、場合によっては千件以上のメッセージ(案件)を管理しなければならないので、今回お伝えした新しいメッセージ機能の説明で多少でも案件管理しやすくなればと思います。

投稿種類

コラム

おすすめ投稿